ハウツー

ブロガーの人(@blogger_no_hito)さんのブロガー向けノウハウ記事 第1章:特化ブログvs雑記ブログ【ツイッターまとめ】

ブロガーの人(@blogger_no_hito)さんのブロガー向けノウハウ記事 第1章:特化ブログvs雑記ブログ

Twitterに突如現れ、
初心者駆け出しブロガーに向けて、
超有益な情報を提供してくださっている
ブロガーの人(@blogger_no_hito)さん。
 
ブログを始めるにあたり、
何かに特化した「特化ブログ」にするか、
なんでもありの「雑記ブログ」にするか。
 
これはボクも最初は迷いました。
ボクの場合は、とりあえず始めてみようと
結構見切り発車をしてしまいましたが。。
 
そんな駆け出しブロガーがまず迷ってしまう
「特化ブログ」と「雑記ブログ」
について、ブロガーの人さんが
プロならではの見解を記事にしてくれています。
 
これからブログを始めようと考えているかたや、
ブログ初心者の方は是非一度読んでみて下さい。
 

ブロガーの人さんによるブログ作成ノウハウ
「第1章:特化ブログvs雑記ブログ」について

 


 
 

ブロガーの人
ブロガーの人
【第1章:特化ブログvs雑記ブログ】
ブロガーになる人がまず初めにブチ当るのが「ブログの方向性」やで。
特化ブログと雑記ブログで迷う人が多いよな。
結論から言うと、特化ブログ一択や。
でもな、たぶん君が想像してる「特化ブログ」とワイがここで言うてる「特化ブログ」はちょっと違うんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
ほな、そこで何を基準に選べば良いんかって話やけど、これには明確な答えがあるんやで。
3つの判断項目がこれや。
①年齢(高校生/大学生/新卒/30代/40代)
②職務(バイト30社経験/新卒エンジニア)
③実績(全社MVP/全国1位/資格系)
これらは君の個性を無視して判断できる項目やねん。
ブロガーの人
ブロガーの人
君がどんな性格でどんな容姿であろうと関係なく、この3つで君は一定数評価を受けてるんや。
例えば、君が高校生やったとしよう。
世間一般では君が高校生という”だけ”で過大評価してくれることを忘れたらアカン。
「高校生なのにすごいね!」
君も言われたことあると思う。
ブロガーの人
ブロガーの人
と同時に「高校生やからってバカにすんなよ」と思ったことがあるやろ?
でもな、そうとちゃうねん。
その”偏見”は君にとって大きなチャンスなんやで?
ブロガーの人
ブロガーの人
君はたかーぎ君(@takagi_1129 )ていう高校生を知っとるか?
彼はその”偏見”を賢く活用してるんやで。
彼は「中学生が文化祭にスポンサーをつけた話」というnoteがバズって注目されたのがキッカケなんや。
でもな、彼はそのバズで生まれた「中学生なのに凄い」という偏見を思う存分活用したんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
その結果、彼のとこに面白い大人たちが集まってん。
プロ奢ラレヤーは彼をいち早く発見した一人やな。
今やとハッシャダイってレペゼン地球ともコラボしてる面白い会社も彼と組んでるわけや。
つまりやな、彼は自分に向いた「中学生なのに凄い」という偏見を活用して、大きなチャンスを掴んだんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
この事実から目を背けたらアカン。
そこで君に質問や。
君にとって、その”偏見”は何になると思う?
若さを武器に出来るのは高校生〜大学生までや。
逆にアラサーを超えたら老いを武器に出来る。
20代の社会人はどや?
彼らは逆に武器がないことを武器にして共感を集めれるんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
新卒にしても3年目にしても多くの人が経験するであろうorしてきた悩みを今ど真ん中で感じれるのは君の世代だけやで?
そんな美味しいネタは使わな損やろ?
「〜なのに凄い」
「〜だから可哀想」
こういう”偏見”に君のチャンスは隠れてるんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
ブロガーでもしゅうへい君(@shupeiman )てのがおるやろ?
彼は「借金してるのに」という”偏見”を上手に活用してるんよな。
こんな感じで、Twitterを見渡せば結果出てる人なんていくらでもおるんやから「その人が結果を出してる理由」を分析せなアカンでな。
ブロガーの人
ブロガーの人
そうしたら君はどんな偏見を受けてるやろか?
それ考えたら、方向性見えてこうへんか?
その方向性に”特化”していくことが正解なんや。
だから、ブログで書く記事の内容はなんでもええんや。
ブロガーの人
ブロガーの人
今はSEOも難しくなってきてるし「E-A-T」が重視されてきてんねんな。
「E-A-T」は「専門性/信頼性/権威性」の略称や。
極端な話、専門家が書かんと評価されへんねん。
医療系とか美容系は特にその影響が大きいわな。
だからな、君は専門家とは同じ土俵に立ったらアカンのや。
ブロガーの人
ブロガーの人
そんな不利な土俵で戦っても勝つのは難しいやろ?
例え勝ったとしても、その勝負は延々と続くんや。
そこで資本力のない個人が戦うのは、あまりにも分が悪い。
でもな、想像してみ?
ブロガーの人
ブロガーの人
だから、君は記事のクオリティで勝負するんやなくて”君というブランド”で勝負するんやで。
わかったか?
記事はどんなテーマで書いてももええんや。
大事なのは”君というブランド”に特化してるかどうかやで。
今日はこのへんで堪忍してや〜。
ブロガーの人
ブロガーの人
だから、君は記事のクオリティで勝負するんやなくて”君というブランド”で勝負するんやで。
わかったか?
記事はどんなテーマで書いてももええんや。
大事なのは”君というブランド”に特化してるかどうかやで。
今日はこのへんで堪忍してや〜。

 
 

ブロガーの人さん第1章記事の要点

ブロガーさんの「第1章:特化ブログvs雑記ブログ」での要点をまとめると、

要点まとめ

「E-A-T(専門性/信頼性/権威性)」が必要な専門家としての土俵で戦うのは至難の技。
①年齢(高校生/大学生/新卒/30代/40代)
②職務(バイト30社経験/新卒エンジニア)
③実績(全社MVP/全国1位/資格系)
の項目を自分と照らし合わせ、
自分というブランドを作り上げ、それに特化したブログを書こう。

という事です。
 
「特化ブログ」「雑記ブログ」で区別するのではなく、
自分自身をブランド化、
魅力のあるキャラクターとして作り上げて、
雑記ブログを書く。
そうすると、競合と消耗戦ぜずとも、
自分で自分のフィールドをつくり
ある意味「特化ブログ」として
やっていけるという事ですね。
 
ボクも、これまでのデザイン関係の経歴を振り返ってみると、
グラフィックデザイン、チラシデザイン、パンフレットデザイン、htmlコーディング、Webデザイン、ECショップデザイン、Web広告、イラストと
良くも悪くも浅く広くやってきています。。
なので、どれかに特化し深い内容の記事を書くには勝てる気はしませんが、
ある意味その浅く広くを武器にすれば戦えるかも?
とか、
プラス趣味の音楽やアート等をミックスしていけば、
特化したブランドを作り上げれるかも?
とかアイデアが湧いてきました。
 
本当にブロガーの人さんには、有益な記事に感謝です。
また第2章も時間がある時にまとめておきたいと思います。
 
●ブロガーの人さんの記事一覧のまとめ
https://kutakuta-nikoniko.xyz/2018/10/21/bloggernohito/