おすすめ・レビュー・買ってよかった物など

バンクシー(Banksy)を知るなら、イグジット・スルー・ザ・ギフトショップを観るべし!

バンクシー banksyを知るならイグジット・スルー・ザ・ギフトショップを観るべし!

バンクシーの絵が1億5000万で落札された瞬間に、
額縁に仕込まれていたシュレッダーが起動しシュレッドされてしまい、
ネットやテレビで話題になってましたね。
 


ボクは以前からデザインで試行錯誤していた経歴もあり、
バンクシーが好きです。
全く知らない人からしたら、何でそんな事になったんだ!
となってますが、彼?彼ら?を良く知っていたら、
また面白い事やってくれたなーと思うはずです。

バンクシー(Banksy)て誰?

バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)は、イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。
社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取る。
バンクシー本人は自分のプロフィールを隠そうとしており、本名をはじめとして不明な点が多い。
2005年、自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたことが話題となった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
バンクシーのストリートアート出身のアーティスト。
正体はハッキリしておらず、
個人なのか集団なのかも定かではありません。
バンクシーの作品は本当に面白いというかカッコいい。
風刺と皮肉とジョークが効いていて、
もちろんクオリティも高いです。
 
大英博物館に勝手に作品を展示して、
それが正式にコレクションに追加されたりといった経歴もあります。
アイデアが想像を突き抜けていて本当に飽きないです。

【Banksyのウェブサイト】
http://banksy.co.uk/

 

バンクシー(Banksy)を知るならイグジット・スルー・ザ・ギフトショップを観るべし!


バンクシーの事をもっと知るなら、
「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」
というドキュメンタリー映画があります。
 
この映画は正確にはバンクシーというか、
世界のグラフィティ・アーティストを撮影し続けた男(ティエリー・グエッタ)のお話です。
 
ただ、バンクシーのアートに対する考えや、哲学、
皮肉が効いたとても興味深い内容の映画です。
アートやデザインに携わっている人、
興味を持っている人、
超高額で落札される絵画に対して疑問を持っている人など、
そんな方は是非一度観たほうが良い映画です。
 
バンクシーのみならず、
色んなストリートアーティストも登場するので、
活動や哲学、手法なども見れるのも見どころの一つです。
 

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップを観るには

DVDを買わなくても
アマゾンプライムビデオYoutubeなら
300円〜で観ることができます。
ちなみにボクはアマゾンのヘビーユーザーなので、
Amazon Prime Videoで観ました。
借りたり返しに行ったりせずにすぐ見れるのでオススメです。
 
バンクシー(Banksy)好き、ストリートアート好きなら
絶対見て損はない映画です。
 
ということで、
さんざんのオススメ映画の紹介でした。