インプラントという治療方法の概要

インプラント治療とは、失った歯の機能を取り戻すための治療です。

インプラントは自分の歯とそっくりな構造になるだけでなく、非常に近い機能を回復させることができます。
天然の自分の歯は目に見える部分だけでなく、歯茎に覆われている部分や更にその下にも歯根という部分があり、顎の骨と一体となっています。
ですから、インプラント治療をする際にはまず、歯根の代用となる人工歯根(インプラント)を埋入するという過程が必須となります。

インプラント治療の説明画像



使用される材質は、骨との親和性が高く人体にも悪影響がない『チタン』です。
時間が経過すればチタンは骨と結合します。
インプラントを埋入する際の一般的な手術手順としては、「歯肉を切開し」「ドリルで骨に穴を空け」「インプラントを埋入する」という工程になります。

文字で見て想像すると、一体どの位の痛みを伴うんだろうかと不安になりますが、手術の際には勿論麻酔がバッチリ効いていますので、大した痛みはありません。
想像しやすい例で言うと、抜歯と同程度と言われています。
麻酔にも種類があり、患部に行う麻酔だけでなく、精神的な不安を取り除くことのできる「静脈内鎮静法」などの麻酔を行っている歯科医院もあります。

更に、インプラントはまだ新しい治療方法で、その技術は広範囲にわたって進化を遂げています。
治療を受ける歯科医院にもよりますが、非切開で行う手術方法や、ドリルを使わない手術方法などを採用している歯科医院もあります。

使用するインプラントにも数多くのメーカーが存在し、各メーカーで特徴のあるインプラントが製造されています。中でも世界中で圧倒的な信頼と実績を誇るのが「ノーベルバイオケア」で、日本でも数多くの歯科医院で採用されています。
ただ通常の場合、インプラント治療を受ける際にはどこのメーカーのインプラントを使っているのかまでは気にする必要はありませんが、気をつけなければならない場合もあります。
それは、値段があまりにも安すぎる場合です。
値段が安いとインプラントの材質に問題がある場合もあります。
海外の良く分からない胡散臭いメーカー製のインプラントだと、人体に害のある物質でできたものもあると言われています。
インプラントは自分の体と一体化するものですから、その点は注意が必要です。

インプラント 症例写真



また、インプラントの手術方法も症例によって様々です。
1本だけなのか、それとも多数歯欠損なのか、抜歯してすぐにインプラントにするのか、などなどいろんな手術方法があります。
インプラント治療をする際には顎の骨が充分にあることが条件となりますが、高齢者の場合、骨が痩せて少なくなっている場合がほとんどです。
骨がなければインプラントにすることができませんが、そういった場合は骨造成を行うこともできるので、高齢であるという理由でインプラントを諦める必要は全くありません。
ちなみにインプラントは、骨の成長が止まる20歳程度以上であれば、年齢制限の上限はありません。

ただし、持病を抱えている方の場合はインプラントにできない場合もあります。
主な例としては「高血圧」「心臓病」「糖尿病」「肝疾患」「腎疾患」などがあります。
これらにあてはまるからといってすべての場合で不可となるわけではなく、症状にもよりますので、インプラントを希望される場合には事前に医師への相談が欠かせません。
これらの安全上の確認のためにも、カウンセリングや事前検査がしっかりした歯科医院を選ぶことが何よりも重要です。


>>>寝屋川市の坂井歯科医院はインプラント治療前のカウンセリングと事前検査に定評があります