インプラントの費用は自分の歯の価値を考えれば納得できる

インプラントを検討する上で、高いハードルとなっているのが「高額な治療費」であることに間違いはないでしょう。一括で数百万円もの大金を用意する必要はないとしても、果たして自分に払いきれる金額なのかという不安はあります。
決して安いとは言えない治療ですから、経済的な理由からも誰でも手軽に受けられるという訳ではありません。
そうは言っても、歯のない生活や不便な入れ歯での生活が続くことを考えれば、多少の無理をしてでも自分の歯と遜色ない歯を取り戻したいと思うのはごくごく自然な事です。

では実際に、どの位の経済的な負担がかかるのかと言えば、人によっても症状によっても希望する治療内容によっても変わってきますので、一概にいくらというのは難しいです。
そこを敢えて言うとすれば、インプラント1本あたりの全国平均の値段を紹介することはできます。
ズバリ、≪325,000円≫です。

この金額を聞くと、大抵の方は『高い』と思われるかもしれません。
誰だって、何か買い物をする際にはなるべく安いものを買おうとする心理が働きます。
だからこうした反応はむしろ当然なのです。

世の中には実際に、『インプラント1本10万円から』などという、安さをウリにした広告が出ていることがあります。
同じインプラントなら安い方が良いに決まっていますが、果たして【325,000円のインプラント】と【100,000円のインプラント】は、まったく同じものなのでしょうか?

実はインプラントを製造しているメーカーは、世界中に数百とも数千とも言われています。
数多くの実績と信頼を積み上げてきた歯科医療に造詣の深い一流メーカーもあれば、知識も技術も資金力にも乏しい弱小メーカーまで様々です。
メーカーの実力や製品であるインプラントの品質に差がある以上、こうした価格差は生まれるべくして生まれています。
インプラントは自分の体の一部となるものですから、安全性には最大限の注意を払いたいものです。
粗悪なインプラントでは、人体に有害な物質で作られていることもあるようです。
もしもそんなものを自分の体に埋め込まれたとしたら、想像しただけで恐ろしくなります。
有害物質が骨を浸食し、体中を駆け巡って重大な危機をもたらすかもしれません。
格安インプラントに惹かれる気持ちは分かりますが、まずは安全性の確保が第一であることを忘れてはなりません。

また、格安インプラントの広告には思わぬ落とし穴がある場合もあります。
前述の広告を例にすると、10万円しかかからないと思っていたら、実際は更に「アバットメント代」「義歯代」「手術費用」を請求された、というケースもあります。
インプラント本体が1本で10万円であって、1本の歯をインプラントにする治療費が10万円ではない、という理屈です。
インプラント治療では、人工歯根である「インプラント本体」、被せ物の「義歯」、双方をつなぐ「アバットメント」がワンセットです。

このように、誤解を招くことを厭わない広告主に対しては、不信感しか感じません。
こういう歯科医はおそらく、患者さんを見てはいません。
コンビニの数よりも多い歯科医院は、それぞれが生き残りに必死になっています。
その中で、自由診療であるインプラントに短絡的に活路を見出そうとしている場合があります。
充分な知識も技術もないままにインプラントに参入すれば、被害に遭うのは患者さん自身なのです。
最悪な状況に陥ってしまえば、金銭面以外にも比較にならないほど大きな負担が残されます。

それでも1本325,000円のインプラントには納得できないかもしれません。
自分の歯の価値を考えたことのある方はほとんどいらっしゃらないでしょうが、この際だから考えてはどうでしょうか。

『食感も温度も感じられない入れ歯での食事』
『本来の美味しさを味わえない入れ歯での食事』
『食べられるモノが制限される噛む力の弱い入れ歯での食生活』
『好きなものが食べられないことによる欲求不満』
『食事中の口の中の異物感』
『口を開けるたびに晒される歯のないみすぼらしい姿』
『会話中に外れてしまう入れ歯』
『入れ歯に匂いが付きやすいので口臭が気になる』
『歯がないことによる対人関係での精神的苦痛』
『作り直し続けなければならない入れ歯の継続的な費用負担』


などなど。歯がない状態や自分に合わない入れ歯では、歯を失う前まではまったく感じなかった不満や不便さを感じるようになります。
費用的な面を考慮して、入れ歯を選択される方も多いかもしれませんが、自分に合う入れ歯を手に入れるためには、材質や技術に多くの制約がある保険適用の入れ歯治療では、無理があるのが現実です。
10,000円から15,000円程度の安い保険適用内の入れ歯では、自分にピッタリと合う入れ歯の製作は難しく、そのうえ耐久性が低く傷みやすいので、何度も作り直す必要性に迫られます。

一方で自費診療での入れ歯では、15万円から60万円と高額になります。
保険適用の入れ歯に比べて、材質や作成方法などに制限がないため、自分に合った入れ歯ができやすくなります。
噛み合わせもピッタリ合ったもので、保険の入れ歯とは比較にはならないほどの快適さが確保されます。
ですが、運よくピッタリな入れ歯を作ってもらえたとしても、作り直す必要が全くないかと言えば、決してそんなことはありません。
口腔内の環境が変わったり、入れ歯自体の劣化が起こったり、壊れる場合だってあります。
材質によっては2〜3年に一度の作り替えが必要になることもあるようです。

いずれにしても入れ歯では作り直しが必要であるということは確かな事です。
それでもインプラントの費用と比較した場合には、断然入れ歯の方が安く済むでしょう。
ただし、入れ歯はインプラントに比べて安く作れはしても、様々な不都合な点があることは承知しておく必要があります。
それらのデメリットを抑えたうえで、総合的に「入れ歯」と「インプラント」を比較検討するのがよろしいかと思います。

そのためにはまず、専門的な知識を持った歯科医院への相談が欠かせません。
検査は必要になりますが、希望すればインプラントの具体的な費用の見積もりも出してもらえます。
支払い方法の相談にも応じてもらえます。
信頼できるメーカーのインプラントを採用し、知識も技術も経験も豊富な歯科医院でのインプラント治療の相談をおすすめします。




>>>寝屋川市でインプラントの無料相談ができる坂井歯科医院はこちらから