インプラントと入れ歯の比較

なくした歯をなんとか取り戻そうとすれば、大体「インプラント」か「入れ歯」のどちらかになるように思います。
費用面の問題もあり「入れ歯」にされる方が圧倒的に多いかとは思いますが、最近ではインプラントを選ぶ方も増加傾向にあります。

もしも費用のことを一切考える必要がなかったとしたら、9割以上の方がインプラントを選ぶのではないでしょうか。
その理由は、『歯の機能を回復させる力に圧倒的な差がある』ことと、『手入れの手軽さ』があるからです。「入れ歯も悩みが尽きない」でも触れましたが、入れ歯では噛む力が自分の歯の20〜30%の力しかありません。対してインプラントでは80%まで回復します。
歯の本来の役割である『噛む』という機能を回復させたいのであれば、やはり入れ歯はインプラントに遠く及ばないと言えます。

もしもインプラントにすれば、入れ歯の時には噛めなかった「せんべい」「たくあん」「するめ」といった固いものでも何不自由なく食べることができます。
入れ歯をしていては美味しくない食事でも、インプラントにすればそんな不満も解消されます。
入れ歯をしていて食事がおいしくない理由は2つあります。「食感」と「温度」です。
口の中に入れ歯という異物が入っている状態では、食感や温度を充分に感じることができません。
美味しいという感覚は舌で感じる味覚だけではなく、歯触り・口当たり・熱い・冷たいといった感覚も影響します。
インプラントにすれば食事がおいしくなる、というのは口の中にこれらの感覚を遮断するものが何もないからです。

入れ歯は喋っている時に外れてしまう場合がありますが、インプラントはしっかりと固定されているのでそんな心配は皆無です。
歯のないみっともない姿を隠すための入れ歯であっても、喋っている時や笑うと外れてしまうようだと、余計恥ずかしい思いをしてしまいます。

また、衛生面でも大きな差があります。
入れ歯は自分の歯と同じように磨くわけにはいきません。
専用の洗浄剤を使っての毎日のケアが欠かせませんし、きちんとしていても口臭が気になることもあります。
大した負担ではないような入れ歯のケアですが、実は意外にも多くの方が精神的な負担を抱えています。
インプラントなら通常の歯磨きと一緒にケアできます。
もちろんそれだけで完璧、というわけにはいきませんが、入れ歯と比較すれば手入れの手軽さも圧倒的です。
インプラントのケアは歯科医院での定期検査が欠かせません。
インプラントの周囲に雑菌が繁殖すると、インプラント歯周炎などの病気になり、骨まで浸食される危険があります。そうするとインプラントを除去する必要も出てきます。
そんな事態に遭遇しないためにも、歯科医院での定期検査は必ず受けなければいけません。
ちなみに、インプラントに保証のある歯科医院では、保証は定期検査の受診が必須となっています。
インプラントを長期間維持するためには、それだけ重要な事だということです。
数ヶ月に一度、椅子に座って口を空けていれば済むんですから、毎日の入れ歯のケアよりもはるかに確実で楽チンです。

入れ歯とインプラントでは意外な部分でも差があります。
それは「老化」に関することです。
主に表情に関することですが、インプラントにすればより若々しい表情を保つことができます。
何故かと言えば、インプラントの方が顎の骨が痩せにくいからです。
インプラントは顎の骨と結合していますから、噛んだときに力が骨まで伝わり刺激します。
刺激を受けることで骨は痩せにくくなります。
ご老人の顔の特徴と言えば、しぼんだ口元を真っ先にイメージしませんか?
これは顎の骨が痩せているからで、顎の骨が痩せなければ口元がしぼむことはありません。
つまり、若さを保てるということです。
入れ歯では顎の骨にまで力が伝わりませんし、充分刺激することもできません。
入れ歯を作り続けなければならないのは、顎の骨が痩せて合わなくなっていくことも理由の一つです。

そうはいっても、現実には費用のことは切り離せない問題です。
自分にとって入れ歯が良いのか、インプラントが良いのかは判断が難しいところでもあります。
そんな時は是非、インプラントのできる歯科医院への相談をおすすめします。

>>>入れ歯かインプラントかの相談なら寝屋川市の坂井歯科医院へ

なぜ「インプラントのできる歯科医院」なのかといえば、インプラントのできる歯科医院は数が少ないからです。
歯科医院全体の20%しかないと言われています。

最後に、お金がなければインプラントにできないのか?というと、そうとも限りません。
インプラントの費用に関しては別のページで紹介します。